技術者の、技術者による、技術者のための会社 株式会社ワット・コンサルティング

さいたま営業所からのメッセージ

人を活かす。
自分も活かされてきたように

人を活かすことでお客様にも技術者にも喜ばれる。
結果、数字もあがる。それを立証するのが営業のミッションです

東日本事業部 さいたま営業所 課長代理
S.G

「数字をつくるだけなら別の人間でもいい」。その言葉の意味

以前いた会社の最初の上司がワット・コンサルティングの立ち上げに参加し、その後、お声を掛けていただいたのがワット・コンサルティングへの入社のきっかけです。立ち上げ期ですから、会社の核となる方々はいるんですけど、営業マンがいない。営業マンとして来てほしいという趣旨でした。

物事をはっきりという方で「数字をつくるだけなら別の人間でもいい。そうではなく、ムードメーカーとして、あなたが必要なんだよ」と言って下さいました。そう聞くと、私が営業として数字をつくれないかのように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。これから作る会社の風土・DNAを育てていくのに数字だけではない大事な部分があるというのがその言葉の真の意味であったと思います。

会社である以上、営業マンである以上、数字を上げていくことは大前提。でも建設派遣という仕事・事業のむずかしいところは、“ものを売る”というシンプルなものではないということです。やはり技術者が一番。技術者一人ひとりにあった就業先をみつけることが大事で、そのマッチングが上手くいって、はじめてお客様にも技術者にも喜んでもらえる。結果、数字も上がる。ひと言でいえば「どれだけ人の役に立てるか」で数字が決まるということ。

誘って下さった元上司の「数字をつくるだけなら別の人間でもいい」という言葉には、ワット・コンサルティングをただの“もの売り”ではなく、そういうスタンスを持った人間の集まりにしたいという思いが込められていた気がします。「ムードメーカー」という言葉で、私に役割と居場所を与えてくれたことが嬉しかったですし、それをきっかけにワット・コンサルティングの一員になれたことにとても感謝しています。

自分が活かされていることへの感謝を示す。それは「人を活かす」こと

私は小学校・中学校とサッカーとやっていたこともあり、サッカーが好きです。だからこの仕事もサッカーをなぞらえて考えています。「監督」は会社の考え、「選手」は技術者。そして私たち営業は「コーチ」でありたいと思っています。

2~3ヵ月の研修後、現場に配属されて、上手くいく人も上手くいかない人もいる。上手くいかない人がいつでも気軽に相談できるパートナーでありたい。個人技の南米サッカーとチームプレーのヨーロッパのサッカーでは、そこにあう選手も異なります。同じように技術者にとっても、あう現場、あわない現場があります。悩みがあれば聞きながら、それを調整する。もちろん、理にそぐわない“わがまま”であれば、電話ではなく直接会って諭す。そういう意味では時に審判であることもあるかもしれません。

要は「人を活かす」ことです。人を尊重することは数字を否定することではありません。「人を活かす」ことを徹底すれば、お客様にも技術者にも喜ばれる。結果、数字もあがる。それを立証するのが営業のミッションであると思います。

「人を活かす」ことで、技術者も伸びる、お客様の会社も伸びる、そしてワット・コンサルティングも伸びる。このWIN×WIN×WINの関係を築くキーワードが「人を活かす」ことなんです。

私は大学卒業後の最初の就職先を3ヶ月で辞めました。その後、派遣会社で営業の仕事を3ヶ月。社会人デビューから1年くらいは、そんな悩める日々でした。そして就職した前職で元上司と出会い、その後ワット・コンサルティングに誘われて現在がある。まさに自分自身が「活かされて」きたわけです。

そう考えると、誰だって誰かに活かされているのではないでしょうか。だから自分も「人を活かす」。自分が活かされていることへの感謝が「人を活かす」こととも言えるのかもしれません。

S.G  東日本事業部 さいたま営業所 課長代理

S.G
東日本事業部 さいたま営業所 課長代理

大分県出身。大学卒業後は、医薬品の製造・配置販売の老舗企業に就職するも3ヶ月で退職。半年悩み、派遣会社でアミューズメント機器の営業の仕事を3ヶ月。社会人1年目は悩める日々であった。インタビューで語ってくれた「技術者一人ひとりの良き相談役でありたい」という思い。それは自身の経験により培われた包容力・やさしさであると思う。失敗や挫折、苦労を知らない人は兎角、人に厳しくなるものだ。悩んだ経験があるからこそ、人にもやさしくなれる。さいたま営業所の空気は彼のそんな空気に包まれている。
「人を活かす」ことは自分が「活かされてきた」ことへの感謝であるというスタンスも興味深い。人は日々の成果を自分の力であると見誤りがちである。19世紀のある小説家は、ひとつ見方を変えれば人間は機械のように外部環境の影響でしか動いていないと言った。それは偏り過ぎた理論かもしれないが、自分以外のものによる影響が現在の自分を形成しているという事実は誰も否定できない。「人を活かす」ことは自分が「活かされてきた」ことへの感謝であるという言葉は、彼の身体に染み付いた、ゆるぎない言葉に感じられた。

「技術者一人ひとりの良き相談役でありたい」。その思いは若手営業にも継承される

「技術者一人ひとりの良き相談役でありたい」。その思いは若手営業にも継承される

ワット・コンサルティング さいたま営業所

アクセス

JR「大宮」駅徒歩6分

住所/連絡先

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-242 鐘塚ビル1F
TEL:048-729-5407  FAX:048-729-5408

さいたま営業所所属の技術社員01

興味を持つことで、
惹きつけて、楽しむ。
それが仕事の基本です
さいたま営業所  Y.Y

取材時の現場:埼玉県の企業本社ビル新築工事

さいたま営業所 Y.Y

さいたま営業所所属の技術社員02

夢を実現してみえたこと、
「プロセスには熱がある」。
幼少期からの夢のその先へ
さいたま営業所  R.S

取材時の現場:大手住宅総合メーカー/デベロッパーの意匠設計課

さいたま営業所ス R.S

他の紹介記事も見る

HOME  >  事業内容  >  営業所紹介  >  さいたま営業所 S.G