技術者の、技術者による、技術者のための会社 株式会社ワット・コンサルティング

国立新美術館
2006年6月14日竣工「国立新美術館」

広く一般から作品を募集する公募展の作品出展数に対し、
充分な展示スペースを設けられる美術館が求められていた。

その声を受け、東京大学生産技術研究所跡地(旧日本陸軍歩兵第3連隊駐屯地跡地)に
建設されたのが六本木にある「国立新美術館」である。

国立の美術館としては1977年に開館した国立国際美術館以来、30年ぶりの新設であった。

延床面積は日本最大。これまで最大とされていた大塚国際美術館のおよそ1.5倍に及ぶ。

その場所で文化は育つ。
人々の生き様、そして作品が日の目をみる場所をつくる価値ある仕事。

ワット・コンサルティングはこれからの日本をつくる建設技術者を育てます。

2050年の日本をつくる人を育てる ワット・コンサルティング

他のストーリーも見る

HOME  >  建設技術部門  >  ワットで働く  >  プロジェクトストーリー