技術者の、技術者による、技術者のための会社 株式会社ワット・コンサルティング

東京ドーム
1988年3月18日開場「東京ドーム」

「東京ドーム何個分」、そんな表現をよく目にする。

開場以来、「ビッグエッグ」の愛称で親しまれ、
ドーム(全天候型)球場の先駆けとなった東京ドーム。

その後、各地にドーム球場が建設され、“ドーム”は野球にとどまらず、
コンサートや様々なイベントの場として現代のスタンダードとなった。

日本発のチャレンジが新たな価値を生み出す。

スタンダードをつくる
それは建物を、時代を、つくる仕事

ワット・コンサルティングはこれからの日本をつくる建設技術者を育てます。

2050年の日本をつくる人を育てる ワット・コンサルティング

他のストーリーも見る

HOME  >  事業内容  >  ワットで働く  >  プロジェクトストーリー