技術者の、技術者による、技術者のための会社 株式会社ワット・コンサルティング

設備技術

社員の社員による社員のためのスキルアップ研修
経験豊富な技術社員に学ぶ

装置製造に対応できる基礎力と電子機器組立2級合格相当のシーケンス制御技術を学ぶ

実際の装置製造の現場を出来る限り再現。装置組立の基礎を習得します

基本となるのは、図面読解力を養い、装置製造に対応できるベースの力を身につけること。実習形式で実務に即した研修環境の構築に注力しています。実際の装置製造の現場を出来る限り再現し、装置組立の基礎対応力を養います。具体的には、ボールネジ、リニアガイド、XYZステージ、ベアリング、カム、シリンダー等の機構の理解と調整方法、また各種センサー(温度、圧力、変位、流量、光など)、アクチュエーター、コントローラー等の確認、調整方法です。

あわせて、半導体、ディスプレイ、光学等の基礎プロセスを学び、装置の立ち上げ、調整、トラブルに対応できる力を養います。素材や材料、加工に関する基礎知識を持つことは大切。現場で起こり得る様々なシチュエーションに対応できるようになるからです。

PLCによるデータ送信とシーケンス制御は、国家技能検定である電子機器組立2級合格相当の内容を習得します。PLCへのより踏み込んだ理解は、現在のシーケンス制御技術には不可欠。研修内でもしっかりと学習していただきます。

設備技術研修の今後の方向性

外部セミナー参加支援と資格取得支援について、現在、研修担当で話し合いが持たれています。最先端技術習得のための外部セミナーへは、ぜひ積極的に参加してもらいたい。会社としてもバックアップする方針は決まっているので、支援額もしくは支援分野におけるシミュレーションで詳細が決まると思います。

また、資格取得支援も同様に適応資格を明確にします。現在、設備技術分野で支援実績のある資格は下記です。
【国家技能検定】電気機器組立技能士1級・2級、電子機器組立技能士1級・2級、
仕上げ技能士1級・2級、機械保全技能士1級・2級
【その他】有機溶剤作業主任者

今後は、全社内研修にスキルアップシートが導入されることになると思います。研修を通じて、各自が自身のスキルを把握できること、また、評価の透明性からみても有効な方法だと思いますので、スキルアップシートと人事考課の連動が行われます。

社員による研修で、社員がスキルアップを図り、スキルが上がったぶんだけ評価される。ワットの風土として、ぜひ前に進めたい取り組みであると考えています。

研修プログラム構築担当:<br />島内 隆士 技術事業部 ゼネラルマネジャー

研修プログラム構築担当:
T.S 技術事業部 ゼネラルマネジャー

1975年大阪府生まれ。大阪産業大学 短期大学部 自動車工業科卒
1995年自動車ディーラーへ入社。整備士として従事。2000年技術者派遣会社へ転職。半導体製造装置のフィールドエンジニアとして、海外のエンドユーザーを中心に対応。2003年ワット・コンサルティングへ。台湾駐在にてディスク(CD/DVD)成型機の設備立上げおよび顧客対応。その後、光ピックアップ収差調整検査機、PDP製造装置等の家電製造装置の開発、試作、組立、調整、アフターフォロー業務に従事。技術職業務に従事しつつ、2005年事業部責任者に就任。現在に至る。

主なカリキュラム

  • 01. 機械図面読解力
  • 02. 機械要素と機構に関する基礎
  • 03. 電気機器(アクチュエータ/モータ/センサー)の知識
  • 04. 工具・計測機器の使用
  • 05. リレーシーケンス/PLC基礎
  • 06. 半導体プロセスの基礎
  • 07. ディスプレイ/光学プロセスの基礎
  • 08. 電気化学の基礎
  • 09. 真空機器の基礎
  • 10. トラブルシューティング対応

WATセミナー トップへ

WATセミナー一覧

Seminar.01

電気・電子

電気・電子

Seminar.02

ロボット

ロボット

Seminar.03

設備技術

設備技術

Seminar.04

CAD

CAD

HOME  >  機電系技術部門  >  若手育成プロジェクト  >  WATセミナー  >  機械