技術者の、技術者による、技術者のための会社 株式会社ワット・コンサルティング

スクール修了後の先輩たち 江花 学の近況

納得のいくまで言い合う。
そんなお互いの「本気」が
ひとつの建物を建てている

任されることの楽しさ。自分が動くことで建物ができていく喜び

私の場合、前職は営業職ですが前々職が施工管理の仕事でしたので現場経験も2年程ありました。ただ2年といっても、当時はほとんどが雑用。コンクリートを拾う(躯体を打つための数量計算のこと)のも、先輩がやっている時に自分もやってみて、間違っていないかを確かめる程度。あくまで見習いであり、仕事を任されているわけではありません。研修もほとんどないまま、現場に出て、「あとはイチから自分で覚えるしかない」というのが当時の状況でした。

対して、WATの研修センターを出て1年目のこの現場では仕事を任されているという手応えがあります。中規模の現場では責任者である所長の下に中間の先輩がいないので、自分がやらなければ、何も進みません。自分が動かなければ、材料もなければ、職人もいない。その責任と危機管理の意識が成長を促進させてくれていると思います。何事も任されなければ成長はしない。それに任されなければ楽しくないですよね。

自分が動くことで建物ができていく喜び。その喜びをいまダイレクトに感じています。

言い合えるからこそ、お互いを認め合える。職人との信頼関係

現場での仕事は職人との会話が命です。法律的にも私が手を動かすわけにはいきませんから、職人が動いてくれなければ工事はまったく進みません。だから「専門知識×人を動かす力」が問われます。その点において研修センターで得た知識は大変役立っていますね。

基礎工事、耐震補強、現在の工事はテナントの設備機器を入れ替えるための工事でもあるので、それに伴う屋根を取ったあとに元に戻す修復作業など、どれも鉄骨の構造を理解していないと務まらない仕事です。ハイテンション・ボルト(鉄骨を支える特殊なボルト)の締め方なんかも知っていて当たり前のこと。

でもこれらの専門知識がなくては職人を動かすことはできません。もっと専門的な分野は職人とのコミュニケーションの中で訊ければいい。でもそのコミュニケーションをするために最低限の知識は必要であるということです。研修センターでは、この最低限の知識を先生方から授けていただいたと感謝しています。

自分が動くことで建物ができていく。でも、その喜び以上に感慨深いのは職人との信頼関係です。納得のいくまで言い合う。言い合えるからこそ、お互いを認め合える。そんなお互いの「本気」がひとつの建物を建てている。そう思います。

地図に残るような大きな建物を建ててみたい、というのがこの仕事を選んだ理由でしたが、現在の仕事のような修復の仕事も好きです。“電線があるから”“室外機があるから”というような障害を乗り越えて行う工事は頭を使う面白みがあります。

一方でオリンピックの物件もやってみたい。自分の子供に将来「この国立競技場はパパが造ったんだよ」なんて言ってみたいですよね。WATなら、それも可能かな。私の担当営業の山本さん、お願いします(!)。

江花 学(えはな まなぶ)

江花 学(えはな まなぶ)

入社年:2013年 中途入社

入社動機:「地図に残るような大きな建物を建ててみたい」。その思いから建設業界を志望。技術派遣の会社を選んだ動機は3つ。一つ目は、偏りなく色々な会社での技術を学び、経験できること。二つ目は、経験がないまま、小さな工務店で終わってしまっては「地図に残るような大きな建物を建てる」という夢は実現できないこと。三つ目は、ゼネコンには転勤が付きもの。地元で働けることが理想であった。転職時にWAT選んだ決め手は研修の充実度合い。「ブランクもあったので安心感があった」。また、「大手の仕事が8割を占めるという点で夢の実現に近いと判断した」と語る。

主な現場経歴

  • 01. 公共施設の基幹的設備改良に伴う土木建築工事

他の社員も見る

HOME  >  採用情報  >  建設技術部門  >  スクール修了後の先輩たち  >  立花 良の近況