技術者の、技術者による、技術者のための会社 株式会社ワット・コンサルティング

WEB資格取得

2050年の日本をつくる人を育てる
Seminar.14

時間の合間を縫って学習できる「WEB講座」と「資格取得支援制度」を活用する

資格は「技術者の知識や技能レベル、プロ意識」を測るひとつの指標

建設業界において、その専門職種における各種資格は「技術者の知識や技能レベル、プロ意識」を測るひとつの指標となっています。当社の事業態である技術派遣においても人選基準として有資格者であることの要求度は年々高まる一方。当社ではその対策のひとつとして、社員への資格取得を奨励するため、①資格取得WEB講座と②資格取得報奨金制度を導入しています。

現場で工期に追われて忙しく働く社員にとって、独学での資格取得は高い関門。しかし、WEB講座はインターネット環境さえあれば、いつでも、どこでも、学習をすることができます。また、映像講義により、「理解」出来ない講義は、分かるまでは何度でもリピートすることができますし、一人ひとりに合わせた学習ができるので、やる気さえあれば誰にでも成果を出すことができます。

当社では建設関連の国家資格で有名な“日建学院”の“資格取得WEB講座”を契約。休日に学校や研修センターに出向くことなく、各々の環境で空き時間に学習できる体制を敷いています。

資格取得講座は4職種14講座。資格取得支援制度を使って資格を取得する

WEB講座の資格取得講座は、4職種14講座(右記参照)。「建築」「管工事」「電気」「土木」と施工管理の各領域を網羅しています。このWEB講座で学び、資格取得報奨金制度を活用すれば、個人が多くを負担することなく、各専門職種における資格が取得できます。

資格取得報奨金制度の対象資格は下記です。

建築

  • 1級建築士
  • 2級建築士
  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士

電気

  • 第2種電気主任技術者
  • 第3種電気主任技術者
  • 1級電気施工管理技士
  • 2級電気施工管理技士
  • 第1種電気工事士
  • 第2種電気工事士

空調衛生

  • 建築設備
  • 1級管工事施工管理技士
  • 2級管工事施工管理技士
  • 空調設備士(工学会)
  • 衛生設備士(工学会)

土木

  • 1級土木施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士
  • 測量士

※表記のないものについては、社内で協議の上、必要資格として認められれば報奨金を支給します。

社員一人ひとりが自らのスキルを高め、その裏付けとして資格を取得する。それを仕事に活かすことで、生活までを向上させられたら素晴らしいと思います。それは会社の強さにも結び付きます。私たちは、社員一人ひとりのキャリア構築を精一杯バックアップすることが会社の務めであると考えています。

日建学院「資格取得WEB講座」

日建学院「資格取得WEB講座」

日建学院は、日本の建設・宅建に関する資格取得のための受験対策講座を開講する資格試験予備校。運営主体は、建築業関連雑誌、書籍を出版する株式会社建築資料研究社。建設・建築関連の国家資格の取得にも定評があり、WEB講座でも精鋭講師陣の映像講義が受講可能。長年にわたって蓄積されてきた試験攻略のノウハウやポイントが凝縮されている。

受講可能な資格取得講座

  • 01. 建築:1級建築施工管理技士(学科)
  • 02. 建築:1級建築施工管理技士(実地)
  • 03. 建築:2級建築施工管理技士(学科)
  • 04. 建築:2級建築施工管理技士(実地)
  • 05. 空調衛生:1級管工事施工管理技士(学科)
  • 06. 空調衛生:1級管工事施工管理技士(実地)
  • 07. 空調衛生:2級管工事施工管理技士(学科)
  • 08. 空調衛生:2級管工事施工管理技士(実地)
  • 09. 電気:1級電気工事施工管理技士(学科)
  • 10. 電気:1級電気工事施工管理技士(実地)
  • 11. 土木:1級土木施工管理技士(学科)
  • 12. 土木:1級土木施工管理技士(実地)
  • 13. 土木:2級土木施工管理技士(学科)
  • 14. 土木:2級土木施工管理技士(実地)

受講者インタビュー

建設事業部 森 香織

建設事業部 森 香織

通勤の電車でテキスト、家のPCでWEB講座。
学科は合格できたので、実地の発表が心待ち

私の場合は一級管工事施工管理技士の資格取得。むずかしい資格に対して、現場での忙しい仕事をこなしつつ勉強しなければならない。誰もが持つ課題だと思います。WEB講座はその点、自分のペースで進められるのが嬉しいですね。
私は通勤の電車でテキストを読んで、家のパソコンでWEB講座を視聴する方法を取りました。今年からスマホでもWEB講座は視聴できるので、その逆もしかりだと思います。WEB講座の授業は、むずかしい箇所を先生がわかりやすく言い換えてくれるので理解が早い。また付属の問題集は何よりオススメです。問題の配列や組み立てがよく出来ていて、進めていくうちに覚えてしまう。それに最後はどれだけ問題を解いたかなので、この問題集は活用すべき(!)。
日建学院は個人で払えば30万円。会社負担で3万円で受講できるのは嬉しい限り。学科は合格できたので、あとは2ヵ月後に控えた実地の合否の発表を心待ちにするばかりです。

スクール制度について トップへ

スクール制度セミナー一覧

Seminar.01   Seminar.02

建築・建築CAD

建築・建築CAD

専門科目

Seminar.03   Seminar.04

空調衛生設備・設備CAD

空調衛生設備・設備CAD

専門科目

Seminar.05

土木

土木

専門科目

Seminar.06

CAD

AutoCAD

共通科目

Seminar.07

Tfas

CADWe'll Tfas

共通科目

Seminar.08

Rebro

Rebro

共通科目

Seminar.09

測量

測量

共通科目

Seminar.10

安全衛生

安全衛生

共通科目

Seminar.11

コミュニケーション

コミュニケーション

共通科目

Seminar.12

Excel,Word

Excel,Word

共通科目

Seminar.13

WEB資格講座

WEB資格講座

共通科目

SpecialContents01

研修生の1日

研修生の1日

入社後2~3ヵ月間のスクール生活

SpecialContents02

ショールーム見学

ショールーム見学

知識と経験の間を埋める

SpecialContents03

首都圏外郭放水路見学

首都圏外郭放水路見学

建造物をその目で確かめる

SpecialContents04

新研修センター増床移転

新研修センター増床移転

広く、快適な、教室で学ぶ

HOME  >  採用情報  >  建設技術部門  >  スクール制度について  >  WEB資格講座